美容と健康のための水素水の秘密

2分で分かる水素水の基本

そもそも水素水とは?

 

水素水を簡単に言うと
「水そすぉ水に溶かしたものが「水素水」です。

 

水素は水素原子が2個結合した無色無臭の気体です。

 

水素と言えば「燃料電池車」で使われるクリーンエネルギーとしても注目されています。
さらに、水素は人や動物が摂取した時の健康効果の研究が進んでいます。
圧力をかけて水素を水に溶かしこんだものが水素水です。
水素水は炭酸水のようなイメージを持たれる方がいますが、
炭酸水とは違い味や口当たりは普通の水を変わらないです。

 

水素は体にいいのか?

 

水素は非常に小さい分子で参謀巻くを通過して体のすみずみに入り込み、
体を傷つける悪玉活性酸素だけを消去します。

 

活性酸素というと悪いイメージがありますが、
実は活性酸素の中にも
「悪玉活性酸素」と「善玉活性酸素」があります。

 

善玉活性酸素と言われているものは、
一酸化窒素やスーパーオキサイド、過酸化水素があります。

 

一酸化窒素は血管を拡張したり血液が固まるのを抑制します。

 

スーパーオキサイドは血管の形成を助け病原体から体を守ります。

 

過酸化水素は病原体から体を守ったり精子の生成を助けます。

 

一方で、

 

悪玉活性酸素と言われているものは「ヒドロキシラジカル」です。

 

このヒドロキシラジカルは細胞や組織をキズをつけ
老化や病気の原因となります。

 

水素はこのヒドロキシラジカルだけを除去します。

 

水素水を飲むとアトピー性皮膚炎や紫外線による肌の炎症反応を抑えられると
研究でも分かっています。

 

 

水素を体に取り入れる方法とは?

 

水素ガスを吸う治療法は医療現場で取り入れられ、
高濃度の水素で体内を満たすために全身での抗酸化作用が強いです。
入浴剤などで水素を発生させた風呂に入るのも全身に水素を入れる有効な方法です。
水素水を飲んだ場合に全身の免疫が改善するのは胃や小腸で作用するためのと言われています。
それぞれ効き方が異なると考えられています。

 

水素水を飲む場合

 

水素は胃や小腸で吸収され、肝臓に到達し60%は灰を経て呼気として体外に出ます。

 

水素風呂に入る場合

 

水素は肌から吸収されます。

 

水素が溶け込んだお風呂につかると全身の皮膚から水素が吸収され
7分後には全身をめぐります。

 

水素ガスを吸う場合

 

水素は肺から血液に入ります。
水素ガスを吸い込むと肺から心臓を通って全身に送られ必要な箇所で
活性酸素を除去します。